「Ladies and Gentlemen」のアナウンスをディズニーが廃止へ

「Ladies and Gentlemen」のアナウンスをディズニーが廃止へ

image

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉今回のトピック

・東京ディズニーランド・シー園内アナウンスを変更。「Ladies and Gentlemen, Boys and Girls」廃止へ 

◉関連トピック

・JAL「Ladies and Gentlemen」もうやめます。空港や機内でのアナウンスを10月から変更へ

・「Mr.&Mrs.ポテトヘッド」から性別を示す「Mr.&Mrs.」が無くなる

◉ソーシャルでの反応

image

上記に記事が公開された日である3月28日に高いエンゲージメントを獲得。

◉考察

image

◉勝手なひと言

・JALが先手でした取り組みではあったものの、「ジェンダー的な取り組み」として(言葉狩りだ!というリプも散見したが)概ね世に受け入れられていた印象。

・しかし、ことディズニーにおいては、入り口で流れる「Ladies and Gentlemen, Boys and Girls」のアナウンスの言い方(抑揚の付け方)で、ある種「夢の国感」や「異国感」を出していた分、廃止には「悲しい」「アレが良かったのに…」という投稿も見られた。

そ・うなった場合、多くの人から愛されるキャラクターやの名言や設定などは、どこまで時代に合わせる必要があるのか?各企業の方針が気になった。