SNS投稿データから考えるM-1グランプリ2021

SNS投稿データから考えるM-1グランプリ2021

image

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉今回のトピック

2021年12月19日に開催されたM-1グランプリ2021。昨年のファイナリストでもある錦鯉が勝利。SNS投稿データから今回の大会の様子を考えてみました。

◉ブランド

M-1グランプリ

◉ソーシャルでの評判

過去5年間のエンゲージメントデータ(キーワード「M-1グランプリ」を含む記事のエンゲージメント)では、徐々に高くなっており、SNS上でのお笑いブームが活発になっているといえそう。

image

ソーシャルメディア分析ツール「Buzzsumo」調べ

一方、ファイナリスト別のエンゲージメント比較について、M-1グランプリ当日と翌日の投稿データを比較したところ、優勝した錦鯉に次いでランジャタイが高いエンゲージメントを獲得。M-1では最下位だったものの、審査員が頭を抱える様子や、ネタの破天荒さなどSNSで語りたくなるポイントが多くあったことが要因と考えられる。

image

SNS分析ツール「THINK」調べ

◉考察

・SOCIALプラス要素=「審査員を困らせる、型破りなネタスタイル」

・BRANDプラス要素=「非吉本芸人のM-1での活躍/記憶に残る最下位芸人/最下位最高点」

image

◉勝手なひと言

・ランジャタイは好みが分かれそうな芸人さんだけど、SNSで盛り上がることによって、M-1グランプリ未視聴層がお笑いに興味を持つきっかけになりそう。

・容姿いじり、激しいツッコミに賛否両論寄せられる中で、新しい形の漫才、コントはますます模索されていくことが考えられる。これまでのスタイルを、自分たちが納得した上で貫く人もいれば、社会の流れを汲んで自分たちのスタイルを変えていく人もいる。今が過渡期なのかもしれない。