戦時中のWeb3.0は世界をつなぐ救世主か? 国際ルールの抜け道か?

戦時中のWeb3.0は世界をつなぐ救世主か? 国際ルールの抜け道か?

image

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉今回のトピック

・ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻の開始から1か月余り。

・ウクライナへの民間人による募金活動による支援も活発化。

・その中で注目されている仮想通貨によるドネーションや、さらにはウクライナを支援するための様々な活動を検討するDAO(decentralized autonomous organization)の存在。

・国や企業や団体の壁を超えたSNSでの繋がりから、スマートコントラクト上で決議するWeb3.0における新しい活動体のカタチ。

◉ブランド

・「メタバース」「Web3.0」がもたらす世界

・ブロックチェーンによる組織体「DAO」

◉ソーシャルでの評判

・ウクライナの軍事侵攻の話題において最もエンゲージメントが高いのはドネーションの話題

・仮想通貨による寄付額は60億円を超え、入金からウクライナ政府の着金までが数秒で完了

image
image

・グローバルではウクライナ政府による仮想通貨でのドネーションの呼びかけが超話題

・日本におけるDAOはキングコング西野氏や、フィナンシェの国光氏が絶賛盛り上げ中(しかしオンラインサロンな延長な印象)

image
image

◉考察

・SOCIALプラス要素=「ウクライナへの民間による経済支援」

・SOCIALマイナス要素=「国際決済への外交/政治による介入」

・BRANDプラス要素=「現実社会に縛られない組織体」

・BRANDマイナス要素=「投機目的のバズワード」

image

◉勝手なひと言

「メタバース」「Web3.0」という新しいテックがもたらす世界を、ブランドという括りでは大きすぎますが、敢えてマーケティング視点で生活者の行動を変容を考えるなら、「使い方がようわからん」「誰かが儲けたいだけでしょ」「なにそれ美味しいの?」など懐疑的な目が向けられる中、超特大のソーシャルグッドな活動が、どのように生活者の関わり方をシフトしていくのか、非常に注目。