紛争鉱物をつかわない、タイガー魔法瓶の約束

image
image
image

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉今回のトピック

水筒メーカーのタイガーが、紛争鉱物を使わないなどの宣言をサイト・PRで実施し、オーガニックに推奨投稿が生まれ、話題に

◉ブランド

・脱プラだけじゃない。水筒ブランドのタイガーが未来のために掲げた4つの「NO」

・紛争鉱物を使用しないソーシャルグッドな商品・サービスを選ぼう

◉ソーシャルでの評判

image

◉考察

・SOCIALプラス要素=「ソーシャルグッドな(SDGsへの配慮をした)商品・サービス」

・SOCIALマイナス要素=「形だけのSDGs志向を掲げる企業や取り組み」

           「SDGsのイメージばかりの流行」

・BRANDプラス要素=「長年取り組んできたSDGs配慮製品開発の歴史」

          「水筒ブランドだからこその具体的な配慮ポイント・ファクトの明示」

image

◉勝手なひと言

・正直な紛争鉱物を使われていることを全く気にしたことがなかったので、この話題とタイガー魔法瓶の取り組みを知ることで、そもそも大きな気付きになった。 ・SDGs、エシカル消費に関する企業の発信は多くあり賛否あるものが多いが、タイガー魔法瓶は称賛が多かった。 ・コメントでは企業の倫理観に対しての反響が多かった。 ・1年間のエシカル消費に関しての話題よりも大きなENG ・マイボトルブームの中で、差別化されるブランディングに