「まくら投げ」公式大会のかっこよすぎるポスター

image

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉今回のトピック

・「スポーツまくら投げ公式大会」の競技性の高さが一目で分かるかっこいいポスターが、みんなの知っている「まくら投げ」に斬新なイメージを与え、SNS上で話題になった。

◉ブランド

・静岡県伊東市「全日本まくら投げ大会」

「全日本まくら投げ大会」のその他の取り組みも面白い!

・懐かしのゲーム「熱血硬派くにおくん」とコラボ。熱血硬派くにおくんの世界観でルール説明。

・男性アイドルグループJO1のGYAO!でのレギュラー番組「JO1 HOUSE」にてコラボ。

◉ソーシャルでの評判

・「躍動感半端ない…」とTwitterで投稿され、話題に。

・まくら投げ

上記のツイートで一気にENG。

image

◉考察

・SOCIALプラス要素=「まくら投げ」の公式大会という意外性

・BRANDプラス要素=競技性の高い、ユーモラスなルール設計

・BRANDマイナス要素=認知度の低さ

image

◉勝手なひとこと

・国内旅行が盛んだった1990年代に比べると、観光離れ、特に若者の観光離れは進んでいると言われている。

・今回は「スポーツ枕投げ」のシュールだけどかっこいい、競技性の高さが一目で分かるポスターで、みんな知っている「枕投げ」に斬新なイメージをつけ、話題になった。

・「スポーツ枕投げ」は幅広いジャンルでコラボしており、「スポーツ枕投げ」の認知拡大から、伊東温泉への若者の集客につながる可能性を感じた。

・企業の社員旅行でやる事もできるみたいなので社員旅行があったらやってみたい。