ランドセル重すぎる問題を解決する「棒」2,000本も予約

ランドセル重すぎる問題を解決する「棒」2,000本も予約

image

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉今回のトピック

ランドセルや教科書類があまりにも重いせいで、小学生で腰痛持ちの子もいる中、ある「棒」が開発され、すでに約2,000本も購入予約が入っている

◉ブランド

商品名「さんぽセル」

◉ソーシャルでの評判

image

ランドセルの重さから腰痛や肩こりなどが引き起こされる現象のことを指す「ランドセル症候群」という言葉がエンゲージメントを獲得。

◉考察

image

◉勝手なひと言

印鑑がなくならないように、ランドセルもすぐにはなくならなそうだなと感じています。昔から「当たり前」のように根付いている文化?はなかなか変えにくいなと。

ただ、必要性が低いのにやり続けていた「座高測定」や「ぎょう虫検査」は廃止されたように、今後どこかのタイミングで一斉廃止もあり得るのかなとも。