廃業危機にあった本屋を、小説家が引き継いで経営

廃業危機にあった本屋を、小説家が引き継いで経営

image

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉今回のトピック

廃業危機にあった「きのしたブックセンター」を、小説家が出資し経営を続けていく件。 現代におけるリアル店舗の意義についても話しています。

◉ブランド

小説家・今村翔吾さん自ら想いを発信。

きのしたブックセンター公式Twitter

◉ソーシャルでの評判

image

◉考察

image

◉勝手なひと言

今後の本屋は「本を売る場所」だけではなく「小説家の思いを伝える場所」や「いろいろな世代が集う場所」として機能しそう? 他業種でも、経営困難なお店を救う動きが出てきそう?