Cannes Lions特集DAY④/子どもたちの難病の治療をアップデートするプロダクト。

image

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉Topics

初フルリモート開催のカンヌライオンズ毎日ウォッチ4日目。イノベーション、モバイル、ラジオ&オーディオ、クリエイティブ・エフェクティブネス、ブランドエクスペリエンス&アクティベーションなどの部門が発表。

◉Pick Up Project ① RADIO & AUDIO👑 GRAND PRIX SICK BEATS BRAND/WOOJER AGENCY/AREA 23,AN FCB HEALTH NETWORK COMPANY+CANJA AUDIO CULTURE+CHARLEX+MISTER BRONX+THE EMBASSY VFX Vancouver

・SOCIALマイナス要素=「子どもの難病治療の難しさ(単調さとの戦い)」

・BRANDプラス要素=「高性能のゲーム用ベスト/馴染み深いストリーミングサービス」

image

◉勝手なひと言

・「COURAGE IS BEAUTIFUL」や「SHUTTER ADS」(対コロナ)、「#Wombstories」(女性の健康)など、多くの生活者に共感される広告が表彰される一方で、狭く深い課題に取り組んだプロダクトも表彰されている。同日に発表されたイノベーション部門でも、ユニリーバが開発した、視覚や四肢に障害を持った方が使いやすいデオドラント「Degree Inclusive」がグランプリを獲得していた。