年賀状の余り問題が解決。 2秒で書ける年賀状とは?

年賀状の余り問題が解決。 2秒で書ける年賀状とは?

image

<ポッドキャスト解説

<参照テキスト>

◉今回のトピック

2秒で書ける年賀状がTwitterで話題に。西暦や干支が変わっても使い続けられるユニークさが注目されているようです。

◉ブランド

来夢来人

◉ソーシャルでの評判

2021年11月1日〜12月23日でキーワード「年賀状」を含む最も話題化していた記事は、こちらの年賀状プレゼントキャンペーン。

image

◉考察

・SOCIALプラス要素=「ユニーク時短アイテムへの興味」

・SOCIALマイナス要素=「年賀状の廃棄問題/年賀状作成の面倒くささ」

・BRANDプラス要素=「2秒で完成、毎年使える年賀状」

image

◉勝手なひと言

・年賀状文化はもはや平成までなのか。

・LINEなどの企画で、住所が分からなくてもオンライン上で年賀状を作成して送れるサービスがあるが、それならLINEのメッセージで一言「あけおめ」と送るだけでいいと思う人も。

・以前は会社の人全員に年賀状を送る文化があった。