100kg以上の太った人貸し出しサービス「デブカリ」

image

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉今回のトピック

話題になった紹介ツイート

◉ブランド

デブカリ

◉ソーシャルでの評判

image

◉考察

・SOCIALプラス要素=「体型に関するポジティブさ/痒いところに手が届くサービス」

・BRANDプラス要素=「"太っている人はいい人である"という創業者の強く温かい想い」

image

◉勝手なひと言

・デブが蔑称にもなりうる今の時代、登録者はみな太っていることを誇りに思っているところが強いメッセージになっている。

・「デブ」として発注されることがネガティブにも捉えられる中、「全員〇〇なデブ」として指名を受けて、ポジティブに「デブ」というワードを使っている。そのポジティブさが伝わってきて、WEBサイトをみていると、温かい気持ちになる。

・社長の、「太ってる人は優しいイメージがあるし、実施にいい人ばかり。そういう人を活躍させたい。」という想いから立ち上がったサービスであり、その想いが伝わってくる。

・誰もが知っているサービスを想起させるキャッチーなネーミング。