この世の終わりみたいなサービス” 目覚ましアプリ「メザミー」

image

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉今回のトピック

寝坊すると課金される目覚ましアプリ。

藤井4段のツイートで話題に。

◉ブランド

◉ソーシャルでの評判

image

◉考察

・SOCIALプラス要素=斬新なサービス

・SOCIALマイナス要素=朝起きれない問題

・BRANDプラス要素=朝弱い人も起きることのできる目覚まし

・BRANDマイナス要素=登場時のインパクトが強い分、継続性の懸念

image

◉勝手なひと言

・バズ系ツイッターユーザーの藤井四段が「この世の終わりみたいなサービス」とつぶやいてバズる

・製作者の想いとしてて自分のために作ったサービス。朝起きれない製作者が「自分のためのサービス」「自分が一番起きやすい方法」として開発。

・世の中にいくらでも似たサービスがある中で、特定のニッチな人に向けたものって強い企画になりやすいと企画視点でも思いました。