国税庁のお酒に関するキャンペーンに賛否の声

国税庁のお酒に関するキャンペーンに賛否の声

image

Image by rawpixel.com

<ポッドキャスト解説>

<参照テキスト>

◉今回のトピック

国税庁が若者の飲酒率低下に対するキャンペーンを実施したところ、賛否の声が集まる結果に。

◉ブランド

「サケビバ」公式サイト

日本産酒類の振興・発展を考えるビジネスコンテスト|サケビバ

開催趣旨 少子高齢化等の人口動態の変化、新型コロナウイルス感染症の影響によるライフスタイルの変化等により、国内の酒類市場は縮小傾向にあります。 本事業では、若年層自身にビジネスプランを提案してもらうことで、若年層へ日本産酒類の発展・振興に向けた訴求をするとともに、 優秀なプランの公表により、業界の活性化を図ることを目的としています。 開催概要 募集テーマ 酒類業界の活性化や課題解決に資するプラン ※日本産酒類(日本酒、焼酎、泡盛、ビール、ウイスキー、ワイン、リキュールなど、酒の種類を問わない)に関連するものであること (例) 若年層の需要喚起に向けた新たなサービスやプロモーション手法 コロナ禍における新しい生活様式や嗜好の変化を踏まえた製品やデザインの提案 AIやメタバースを活用した新しい販売手法の確立 地理的表示(GI)等を活用した酒類のブランド価値向上など 応募資格 20歳以上39歳以下の個人またはそのグループ※グループで応募する場合は、3人までとします。 申込方法 WEBエントリー(エントリーを希望される方は、「応募する」からご登録願います。) 参加費 無料 主催 国税庁 運営事務局 株式会社パソナ農援隊 10月 専門家とともにプランのブラッシュアップを行います ※選考スケジュールは状況によって変更の可能性があります。 ※本選大会はオンライン配信を予定しており、どなたでも視聴が可能です。 FAQ

日本産酒類の振興・発展を考えるビジネスコンテスト|サケビバ

目的は下記(公式サイトより引用)。

若年層へ日本産酒類の発展・振興に向けた訴求をするとともに、 優秀なプランの公表により、業界の活性化を図ることを目的としています。

◉ソーシャルでの評判

image

◉考察

image

◉勝手なひと言

「以前は外出や大人数での飲み会を禁止していたのに…」といった矛盾を指摘した投稿がエンゲージメントを獲得しており、たしかに…と思った。

依存性があるという点ではタバコに関しても言えるが、同キャンペーンをタバコでやることはなさそう?なので、お酒とタバコの違いについても考えていきたい。